疾走/重松清

2017/12/05

疾走 上 (角川文庫)

疾走 上 (角川文庫)

  • 作者: 重松清
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2005/05/25
  • メディア: 文庫
  • 購入: 4人 クリック: 37回
  • この商品を含むブログ (257件) を見る
疾走 下 (角川文庫)

疾走 下 (角川文庫)

  • 作者: 重松清
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2005/05/25
  • メディア: 文庫
  • 購入: 2人 クリック: 16回
  • この商品を含むブログ (182件) を見る
疾走(上)<疾走> (角川文庫)

疾走(上)<疾走> (角川文庫)

  • 作者: 重松清
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2012/10/01
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
疾走(下)<疾走> (角川文庫)

疾走(下)<疾走> (角川文庫)

  • 作者: 重松清
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2012/10/01
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
面白かった。だけど、決して楽しくはなかった。星5つを満点にするならば、星5つ。
2月中には上巻読み終わってたけど、暗くて悲しくて切なく、あまりの重たさになかなか読み進めることはできなかった。読みやすくてページのめくりもスムーズにできるのに、先に進んでいくのが怖かった。


一つの悲しみが、次から次へと悲しみを連れてきて、最終盤にはもう悲しみのどん底に。それでもラストに一片の爽やかさ、清々しさを見せるあたりがこの作者のすごいところだと思った。また、上下巻もあるのかよ、と読む前に思わされた大きい分量が、読み終わってみるとよくこれほどまでの物語をこの上下巻に収めきれたものだと感嘆してしまった。確かに世間の評判に違わないスゴい本。精神的なコンディションが比較的良い時に読んで下さい。病んでいる時に読むと、暗闇に引きずり込まれます。